TOP
 トカゲ(Lizards)
 ヤモリ(Geckos)
ミズガメ(Turtles)
 ミズガメ2(Turtles)
 ヘビ(Snakes)
 両生類(Amphibians)
 哺乳類(Animals)
 鳥類(Birds)
 猛禽類(Raptor)
 用品(Goods)
 さくら店長 ブログ
 ご注文方法
 特定商取引法
 Gallery
 Breeding Projects
 Facility


 
  ペットショップ さくら
〒516-1108
三重県伊勢市円座町1510
TEL:080-5293-4159
FAX:0596-39-0637
E-mail:    sakura2010@lapis.plala.or.jp
 

Facility  飼養施設

ペットショップさくらの飼養施設を紹介します。
まずはメインルームの紹介です。

この部屋は主に哺乳類の部屋となっているため室温は30度に設定してあります。
マーモセット、モモンガ、水棲ミズガメ、爬虫類のベビー、アジア系爬虫類、ヤモリを管理しています。
子猿、モモンガベビーはさらにこの部屋に設置してある32度設定の温室の中で管理されます。
樹上性ヤモリケージ




中はこのようにレイアウトされています。
ヤモリができるだけ自然に暮らせるように植物を植えています。
餌は基本的に投げ込みで与えています。餌がなくなっているか確認しやすいように工夫しています。
爬虫類ベビー部屋

床材はレプティサンド カルシウムです。
とにかくシンプルなレイアウトにしています。
地上性ヤモリケージ

地上性のヤモリは基本的には収納BOXを使っています。
オーストラリア系の乾燥系ヤモリはネイティブサンド カルシウムを使い
少し湿度が必要なヤモリはパームマットをひいてウェットシェルターを使用しています。
水棲ガメケージ

基本的に噛み合いをしないカメを多頭飼育しています。
趣味で熱帯魚の水槽もあります。


ハラガケやジャイアントマスクなど噛み合いをするカメは1匹ずつプラケースで飼育しています。
ひどい時だとプラケースが200個ぐらい並ぶ時があります・・・・
フクロモモンガケージ 

フクロモモンガの飼育ケージの一部です。
この写真の隣にこれの2倍ケージが並んでいます。
基本的にさくらで生まれたフクロモモンガのみの販売になります。
樹上性サルケージ


基本的にはマーモセットの繁殖ケージになります。 

とても汚れていてアップに迷いましたが特にマーモセットなどは飼育していると
すぐにこのように汚します。
ケージも約1年で取替えをしています。
オールステンレス以外はすぐに錆びてしまいます。
次に爬虫類の飼養施設の紹介です。
基本的には爬虫類、両生類の飼育に使用しています。
温度設定は日中は28度まで上げ、夜間は15度ぐらいで管理しています。(冬)
夏の場合は日中は28度 夜間は25度で管理しています。
爬虫類ケージ




 


水槽は60cmと90cmを使っています。
みどり商会さんのケースバイケースがメインになります。
サイドメッシュにでき通気を良くできるので非常に使い勝手がいいです。

乾燥系の生き物はネイティブサンド カルシウム
湿潤系の生き物はパームマットやブレンドした土を使用しています。

こちらもできるだけ掃除がしやすいようなレイアウトにしてあります。